大切なお子さまの歯を守るために

大切なお子さまの歯を守るために

乳歯は、永久歯に比べて歯質が弱く虫歯になりやすい歯です。将来、虫歯でお子さまに痛い思いをさせてしまわないよう、しっかり予防ケアをしてあげましょう。

高崎市にある歯医者「くるみ歯科」では、虫歯や歯周病の予防に重点を置いた小児歯科治療に力を入れています。ご家族にご協力いただきながら、お子さまの成長段階に合わせた最適な治療をご提供します。

子どもの歯はご家族で守りましょう

子どもの歯はご家族で守りましょう

生涯にわたり健康な口腔内環境を保つには、小さなころからの口腔ケアが大切。子どもは自分ひとりで口腔ケアはできませんので、ご家族が日々のケアをサポートするとともに、歯科医院に通う習慣をつけさせてあげましょう。まずは歯が生え始める生後6ヶ月ごろに一度当院にご相談ください。一緒にお子さまの歯の健康を守っていきましょう。

虫歯菌の家族感染に注意

虫歯菌の家族感染に注意

虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。家族とのスキンシップなどで唾液を介して虫歯菌に感染することで、虫歯になると言われています。虫歯菌は多くの場合、1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に感染し、感染時期をできるだけ遅らせることで、将来虫歯にかかりづらくなるという研究結果もあるため、この時期の家族感染には特に注意が必要です。

家族感染を防ぐためのポイント
  • 食べ物の口移しはやめましょう。
  • スプーンやお箸、カップやお皿の共有はやめましょう。
  • 家族全員が虫歯治療をしておきましょう。
  • 家族全員が定期検診に行き、お口の中を清潔に保ちましょう。

処置メニュー

当院では、お子さまの予防ケアとして以下の処置メニューを行っています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さまには、歯の成長段階や歯並びに合った正しいブラッシング方法をお教えします。親御さまには、お子さまの歯ブラシの選び方や仕上げみがきのコツをお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強化し歯の再石灰化を促す効果があります。フッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯菌に負けない強い歯を作ることができます。特に、生えたての歯の表面にあるエナメル質は弱いため、お子さまの歯にフッ素塗布は有効です。

シーラント

シーラント

子どもの乳歯や6歳臼歯にある溝は深くて複雑であり、食べかすなどが詰まりやすい構造です。その奥歯の溝にあらかじめレジン(歯科用プラスチック)を埋め込み、虫歯を予防する処置がシーラントです。フッ素塗布と併用することで、より効果的に虫歯を予防できます。

くるみ歯科の取り組み

キッズスペース

キッズスペース

お子さま連れでも安心してご来院いただけるよう、絵本やおもちゃを用意したキッズスペースを完備。お子さまも飽きずにお待ちいただけます。また、キッズスペースをきっかけに歯科医院に慣れ親しんでいただくことで、歯医者嫌いにならず予防に積極的に取り組めるようになります。

キッズクラブ開設

当院では、予防歯科・メンテナンスに力を入れており、お子さま向けにキッズクラブを開設しております。キッズクラブの会員の方には予防ノートを作成し、毎回の診療内容を記載。歯の発育状況や予防処置内容、治療内容をしっかり確認することができます。また、その他特典がありますので、ご希望の方はご相談ください。

ご褒美のガチャガチャ

ご褒美のガチャガチャ

次回の来院の動機づけのためにも、当院ではご褒美を用意しています。治療を頑張ったお子さまには、ガチャガチャ専用のコインをプレゼント。ガチャガチャをしてプレゼントをお持ち帰りいただけます。

妊娠中の歯科治療~マタニティ歯科~

妊娠中の歯科治療~マタニティ歯科~

当院では妊婦さん向けのマタニティ歯科を行っています。妊娠さんの体調や気持ちに配慮しながら丁寧な治療をしています。お口に気になるところがある妊婦さんは、妊娠4~7ヶ月の安定期に当院へご相談ください。

妊娠中になりやすいお口のトラブル

妊娠中は、ホルモンバランスやつわりなどにより口腔内環境が変化しやすい時期。さまざまな原因が重なることで、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。妊娠中は、特に口腔ケアをしっかり行うようにしましょう。つわりでブラッシングができない場合には、うがいだけでもするようにしましょう。

妊娠中の口腔内の変化
  • 食べ物の好みが変化し、甘い物や酸っぱい物を多く摂取すると、虫歯や歯周病になりやすくなります。
  • つわりにより食生活が乱れやすくなり、口腔内の衛生状態も乱れがちになります。
  • 唾液の量が減ることで口腔内が酸性に傾きやすく、細菌が増えやすい口腔内環境になります。
  • ホルモンバランスの変化により、歯肉炎や歯周病になりやすくなります。

歯周病は早産のリスクを高めます

歯周病をかかっている人は、かかっていない人に比べて早産するリスクが8倍も高くなり、切迫流産や低体重児出産のリスクも約5倍高くなるという研究結果が出ています。これらのリスクを避けるためにも、妊娠中の口腔ケアは大変重要です。ご自宅できちんとブラッシングをするとともに、定期検診に行ってプロのケアを受けましょう。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

027-393-6963

WEB診療予約はこちら

診療時間:平日:9:30~13:00 14:30~19:30 土曜:14:30~18:30
休診日:木・日・祝(祝日のある週は木曜診療)