機能性と見た目を追求~審美歯科~

機能性と見た目を追求~審美歯科~

「銀歯が気になるので何とかしたい」「芸能人のように白い歯にしたい」といったご要望は、審美歯科で叶えられます。審美歯科とは、口元の見た目の美しさと機能性を両立させた歯科診療メニューです。高崎市にある歯医者「くるみ歯科」では、審美歯科を行っています。歯の見た目が気になる方はぜひ一度、ご相談ください。

銀歯のリスクを知っていますか?

保険診療の対象でもあることから、銀歯は詰め物や被せ物によく使われる素材です。安価で扱いやすいという特徴がある一方、銀歯にはさまざまなリスクが潜んでいるのです。

銀歯のリスク
虫歯の再発 長期間の使用により劣化し、ご自分の歯と銀歯の間に隙間ができてしまうことがあります。その隙間から虫歯菌が入り込み、再発してしまう可能性があります。
歯の摩耗 硬い素材であるため、健康な歯を摩耗させてしまう恐れがあります。
金属アレルギー 長期間の使用により金属がイオン化して溶け出します。金属イオンが口腔内の粘膜を通して体内に取り込まれると、皮膚の痒みやかぶれ、頭痛、倦怠感といった金属アレルギーの症状が現れる恐れがあります。
歯ぐきの黒ずみ 長期間の使用により金属がイオン化して溶け出します。金属イオンが歯ぐきに色素沈着することで黒ずんでしまう恐れがあります。

当院の取り扱い素材

当院では、以下のセラミック素材を取り扱っています。すべて自費診療となり、それぞれ特徴や料金などが異なりますので、患者様の口腔内の状態やご要望に応じて最適な方法をご提案します。
※料金についてはこちらクラウンからご確認ください。

オールセラミック

オールセラミック

100%セラミックでできた被せ物です。ご自分の歯の色に合わせて色調を調整でき透明感があるため、天然歯に近い自然な白さを再現できます。また、変色・着色しにくいという特徴もあります。金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンド

メタルボンド

内側が金属で、外側にセラミックを貼り付けた被せ物です。金属が使われているため、強度が高く奥歯の治療に適しています。ただし、透明感はオールセラミックに劣ります。金属アレルギーのリスクや、金属が溶け出して歯ぐきが変色するリスクがあります。

ジルコニア

ジルコニア

人工ダイヤモンドとしても使われる素材でできた被せ物です。硬くて丈夫なので、奥歯の治療に適しています。透明感はオールセラミックにやや劣りますが、色調を調整して自然な見た目を再現できます。金属アレルギーの心配もありません。

e-max

e-max

主成分がニケイ酸リチウムガラスでできた被せ物で、セラミックの一種です。高い耐久性がありながらしなやかさにも富んでいるため、咬み合う歯を傷めることがありません。自分の歯のような自然な色調と透明感を再現できます。

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックでできた詰め物です。自分の歯に近い自然な白さと透明感を再現でき、汚れが付きにくく変色しにくいのが特徴です。金属アレルギーの心配もありません。

ゴールドインレー

ゴールドインレー

貴金属にも使われる金合金が主成分の詰め物です。強度が高く奥歯への使用に向いています。銀歯に比べるとリスクは低いですが、金属アレルギーのリスクや、金属が溶け出して歯ぐきが変色するリスクがあります。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

027-393-6963

WEB診療予約はこちら

診療時間:平日:9:30~13:00 14:30~19:30 土曜:14:30~18:30
休診日:木・日・祝(祝日のある週は木曜診療)