歯を失った際の選択肢「入れ歯・インプラント・ブリッジ」

歯を失った際の選択肢「入れ歯・インプラント・ブリッジ」

重症化した虫歯や歯周病、ケガや事故により歯を失ってしまった場合に、歯を補う治療として「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」があります。高崎市にある歯医者「くるみ歯科」では、いずれの治療にも対応しており、患者様の口腔内の状態やご要望に応じて最適な方法をご提案しています。

歯を失ったらすぐに対処

歯を失ったらすぐに対処

歯がない状態のままにしておくと見た目に悪いだけでなく、空いたスペースに周囲の歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。さらに、歯並び・咬み合わせの乱れから咀嚼(そしゃく)力が低下し、全身の健康に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。歯を失ったら決して放置せず、早めに治療をしましょう。ぜひ当院までご相談ください。

もっともポピュラーな入れ歯

もっともポピュラーな入れ歯

失った歯を補う方法としてもっともポピュラーなのが、入れ歯です。自分で簡単に取り外しができるという特徴があります。以下は当院の取り扱い入れ歯です。歯科技工士と連携を図り、患者様のお口にぴったりの入れ歯を作製します。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(留め具)を使わず、歯ぐきに近い色をした人工樹脂で作られた義歯です。クラスプがないため、他の歯に負担をかけることなく装着できます。また、軽く薄く作製できるため、付け心地が自然というメリットがあります。自然な色調・透明感が得られるため、見た目にも優れています。ただし、経年劣化により変形・変色しやすいというデメリットがあります。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

歯ぐきに当たる床の部分がシリコンでできた入れ歯です。シリコンはクッション性が高い素材であり、装着時に違和感がなく咬み心地も自然です。ご自分の歯でしっかり咬むことができます。

金属床

金属床

床の部分がゴールド、チタン、コバルトクロムといった金属でできた入れ歯です。薄く作ることができ、食べ物の温度が感じやすくなり、装着時の違和感も少なくなります。また、強度が高く割れたり変形したりしにくく汚れが付きにくいという特徴もあります。ただし、壊れてしまうと修理がしにくい、もしくは修理ができないといったデメリットがあります。

自分の歯のように咬めるインプラント

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラントとは、歯を失った箇所にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。人工歯根に使われるチタンは身体になじみやすく、顎の骨と強固に結合するため、まるで天然歯のように自然に咬むことが可能です。また、セラミック製の人工歯を採用することで、周囲の歯になじみとても自然な見た目になります。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット

硬い物でもしっかり咬める

まったく違和感がなく、天然歯と同じ感覚で硬い物でもしっかり咬めます。咬む刺激が顎の骨に伝わるので、顎の骨がやせてしまうこともありません。

自然な見た目

天然歯と同様の美しさと透明感を持つセラミック素材を使用するため、審美性に優れています。

周囲の健康な歯を傷付けない

ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、部分入れ歯のように周囲の歯に負担をかけることもありません。

お手入れが楽

日常のお手入れは天然歯と同様、ブラッシングです。ただし、インプラントも歯周病に似たインプラント周囲炎のリスクがあるため、きちんとメンテナンスを行う必要があります。

手術が必要

顎の骨に人工歯根を埋め込む手術が必要になります。

適応できない症例がある

重い全身疾患がある場合など治療ができないことがあります。

自由診療であるため高価

治療費が自費であるため、高額になります。

短期間で治療が完了するブリッジ

短期間で治療が完了するブリッジ

ブリッジとは、抜けた歯の両側の健康な歯を削って土台を作り、橋渡しをするように歯が連なった被せ物を固定して歯を補う治療方法です。装着時に違和感が少なく、治療も短期間で終わるのがメリットです。ただし、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。

ブリッジのメリット・デメリット
メリット デメリット

安価

保険適用となるため、比較的安価に治療できます。

短期間で治療完了

入れ歯やインプラントに比べて、短期間で治療が完了します。

比較的違和感が少ない

入れ歯にあるような装着時の違和感が少なくなります。

健康な歯にダメージが及ぶ

被せ物を支えるために、抜けた歯の両側の健康な歯を削る必要があります。

適応できない症例がある

土台にできる歯がない場合、治療ができないことがあります。

変色リスクのある素材しか使えない

保険の範囲内で治療する場合、経年変化により変色する恐れがあります。

顎の骨がやせてしまう恐れがある

咬む刺激が顎の骨に伝わりにくく、顎の骨がやせてしまう恐れがあります。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

027-393-6963

WEB診療予約はこちら

診療時間:平日:9:30~13:00 14:30~19:30 土曜:14:30~18:30
休診日:木・日・祝(祝日のある週は木曜診療)